お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

1月 年間行事

七草がゆを食べる日っていつ?意味は?どんな由来なのかな?

投稿日:


 お正月休みも終わりに差し掛かると、
年末から年明けの怒涛の様な日々もひと段落しますよね。

そうなると、休み明けには仕事始め待ち構えて少し憂鬱になりがちです。
休みも長いので不摂生な生活になっている方も多いのではないでしょうか。

 そんな折に七草がゆが食卓に出るご家庭もあるかと思います。
飲む機会も増えがちな年末年始明けの身体に染み渡る感じがしますよね。

何気なく出されたから食べているというだけかもしれませんが、
その時期に七草がゆを食べる事にはきちんとした意味があるのです。

七草がゆの意味や由来、効果についてを勉強してみましょう。

  

七草って?何があるの?


 “七草”は聞いた事があるかもしれませんね、
年明けに七草がゆでいただくのは「春の七草」になります。

春の七草は、
すずな、すずしろ、ほとけのざ、ごぎょう、はこべら、せり、なずな
この7種類の野菜を春の七草と言います。

 古今和歌集にも和歌として言葉が残っています。

「春日野のとぶひの野守いでてみよ今いくかありて若菜つみてん」
春日野の飛火野の野守よ、外へ出て見て欲しい、あと何日したら若菜が摘めるだろうか

「み山には松の雪だに消えなくに宮こはのべの若菜つみけり」
山では松の雪さえ消えないというのに、都ではもう野原の若菜を摘んでいるのか

古来より日本では若菜摘みの風習があり、
若菜摘みによって春の訪れを感じていたのが分かる和歌ですよね。

いつ食べるの?どんな意味?由来は?


 この七草は年の初めに雪が積もるなか、春を感じ取って芽を出しています。
その為、邪気を払ってくれ万病を除いてくれるとして、七草を刻み入れた七草がゆを食べるのです。

いつ食べるかというと、1月7日の朝
その由来は中国、六朝時代の「荊楚歳時記」において人を殺さない日である「人日」(旧暦の1月7日)、
7種類の野菜をいれた、「羹」というとろみのある汁物を食べて無病息災を祈る習慣が記載されています。

中国で言うところの「七種菜羹」が日本に伝わり、七草がゆになったと考えられています。
食べる日1月7日という事でそのままの変わらずに残っている様です。

 朝が良いとされていますが、現代ではなかなか難しいですよね。
現在ほとんどの方は、ご家族が揃う夕食に七草がゆを食べている様です。
そこまで朝にこだわる必要は無いので、家族でその年の無病息災を祈りながら頂きましょう。

それぞれ、どんな意味があるの?


 一言で言うと無病息災の効果がある七草がゆですが、
ちゃんとそれぞれの草に置いてそれぞれ意味があるのです。

「せり」   新芽がたくさん育つので競走に競り勝つ。
「なずな」  撫でて汚れを取り除く。
「ごぎょう」 人形(ひとがた)のこと、仏のからだを表している。
「はこべら」 群生することから繁栄を表している。
「ほとけのざ」葉の姿を仏の安座に見立てたことから。
「すずな」  神を呼ぶ鈴の鈴菜から。
「すずしろ」 穢れのない清白を表している。

また呪い的な効果の他にも、
冬に不足しがちな栄養を春の七草から摂取する意味もあります。

それぞれ食欲増進や解熱、利尿作用などの身体にとっては嬉しい効果もあり、
お正月の疲れた胃を休ませる意味もあります。

まとめ

 ちょうど七草がゆを食べる1月7日はお正月休み明け間近、
身体がまだ休みモードに入っている方にとっては丁度良い切り替えになるのではないでしょうか。

身体にもいい七草がゆを食べて胃を労わるとともに、
家族の無病息災を祈れば今年1年もなんだか頑張れそうな気もしますよね。

やさしい味の七草がゆを食べれば、身体もほっと一息。
一足早い春の足音に気持ちも切り替えられそうです。
仕事始めの前に、伝統的な七草がゆを食べて身も心もリフレッシュさせましょう。

-1月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

京都の紅葉ライトアップでおすすめはどこ?穴場はないかな?

木々が美しく紅葉しているのを見ると秋を感じますよね。 紅葉している風景はどこで見ても美しいものですが、 特に京都は世界に誇れる日本屈指の紅葉スポットがいっぱいあります。  有名なスポットからゆっくりと …

「母の日に贈る花」どんな種類がある?花言葉を添えて想いを伝えて

 「母の日」といえばカーネーションと誰もが答える程、 カーネーションを贈るというイメージが強く根付いています。 「母の日」の由来から定番の贈り物となったカーネーションですが、 あまりにも定番すぎるので …

旧正月。2019年はいつからいつまで?春節飾りは逆にする?

中国人観光客による爆買が話題になってから注目されるようになった春節。 日本人には馴染みの無い言葉なので何の事やらという方も多いかもしれません。 貿易関係のお仕事をされている方は、悩みの種になる事もあり …

七草がゆを子供が喜ぶように作るには?食べやすいレシピは?

 1月7日に家族の健康を祈って食べる七草がゆ。 大人にとっては、七草の素朴でやさしい味が身体に染み渡ってほっとする味ですよね。 しかし、子供がいるご家庭だと子供には味気無さ過ぎて不評なんて事も。 とり …

箱根駅伝の学生連合って何?選考方法は?過去最高の順位は?

  箱根駅伝のテレビ中継を見ていると、 出場を手にするだけあって出場校は有名私立大学が目立ちますよね。 常連校は箱根駅伝によるPR効果もあり、 箱根駅伝で有名な学校というイメージの学校もあるのではない …