お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

1月 年間行事

七草がゆを子供が喜ぶように作るには?食べやすいレシピは?

投稿日:


 1月7日に家族の健康を祈って食べる七草がゆ。
大人にとっては、七草の素朴でやさしい味が身体に染み渡ってほっとする味ですよね。

しかし、子供がいるご家庭だと子供には味気無さ過ぎて不評なんて事も。
とりあえず健康にいいから食べなさい!と食べさせては見るものの、
見た目も地味なせいか全く食が進まない様子で困ってしまうお母さんも多いのではないでしょうか。

 そんな七草がゆの作り方の基本的な作り方から、子供が好きそうなアレンジレシピまでまとめてみました。
楽しく作れそうな作り方も見つけてみましたので、ぜひお試し下さい。

  

七草がゆ、基本の作り方は?


 基本はお粥の作り方と同じです。土鍋で作るとより美味しいですよね。
まず、米を洗って、水を計りそれぞれ土鍋へ入れます。蓋を閉め、強火にかけます。
沸騰までの間に七草をさっと洗い、細かく刻んでいきます。

葉と根に分けて刻み入れた方がおすすめです。
土鍋が沸騰したら軽く混ぜ、火加減を見た後に根の部分を投入。

ふつふつと米が煮えてきた所で、今度は葉の部分を投入します。
味はシンプルに塩味が基本です。味を調え、かき混ぜます。
あとは火を止めて、10分程度蒸らせば完成です。

 煮る時間は米の分量にもより変わるので、
普通にお粥を作る感覚で火加減を見ながら作れば簡単にできます。

土鍋でお粥なんて普段は作らないかもしれませんが、
せっかくの七草がゆはちょっと特別に土鍋で作ってみてもいいかもしれませんよ。
やっぱり土鍋で作るととろとろのお粥で、一味違う気がします。

昔の七草がゆの作り方は?


 最近ではスーパーで七草がゆ用の七草セットが販売されていますが、
昔は若菜摘みを行い野原で七草を摘んでいました。

そして摘んだ七草は、前日の夜にわらべ歌を歌いながら包丁で叩き細かくしたそうです。
わらべ歌の歌詞は「七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン」など、
地域によって違ったそうですが害鳥となる鳥を追い払う「鳥追い歌」に由来している歌とのこと。

 害鳥を追い払う様に、無病息災を祈り邪気などを追い払う意味も込められているのかもしれません。
また刻む回数も七草1種類につき7回ずつの計49回刻んでいたとも言われています。
刻み終えた七草は一晩神棚にお供えし、7日の朝に粥に入れたそうです。

若菜摘みまでは真似できませんが、わらべ歌なら子供と楽しく歌えそうですよね。
ただ単に七草がゆを食べるだけでなく、歌を歌いながら子供と楽しく七草を刻んでみてはいかがでしょうか。
その方がなんとなくですが、無病息災の祈りも届きそうな気がしますね。

子供が喜ぶアレンジは?レシピは?


 身体にいい効果のある七草ですが、独特の風味というか青菜の匂いや食感があります。
子供にとっては身体にいいと言われても、食べにくさはありますよね。

子供が喜ぶ様な七草がゆのアレンジレシピをちょこっとだけご紹介します。

・中華風七草がゆ

基本の作り方は同じですが、ごま油と鶏がらスープで味付けをします。
溶き卵をふんわりさせても美味しくいただけちゃいますよ。

・七草がゆのチーズドリア

七草がゆの上に、とろけるチーズと少量のパン粉を乗せてオーブンで数分焼きます。
それだけで簡単に七草がゆが洋風にアレンジできちゃいます。
子供はチーズが大好き、それだけでぱくぱく食べてくれそうです。

・味噌味の七草がゆ

シンプルに塩の七草がゆだと味気がないという場合は、味噌味にチェンジ。
味噌味に変えるだけで七草の存在感もだいぶ気にならなくなりますよ。
こちらも溶き卵で卵がゆ風にしても美味しく食べられます。

 他にも七草がゆリゾットなど美味しいそうなアレンジレシピがたくさんありました。
子供が好きそうなアレンジを探して作れば、ぺろりと完食してくれそうですね。

まとめ

 あまり子供受けしない七草がゆも少しアレンジすれば大丈夫!
家族みんなで美味しく食べられる料理に大変身してしまいます。

オーソドックスに食べたい大人も、残った分を使ってアレンジに挑戦してみてもいいですね。
家族全員で美味しい七草がゆを食べ、その年の無病息災を祈念しましょう。

 


-1月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

カレンダーの作成を無料でしたい。書き込み出来るおすすめは?

  今やスマートフォンでなんでもできてしまう時代。 カレンダーがご家庭にある方は割合少ないのかもしれません。 でも、ふとした瞬間にあると便利なカレンダー。 電話中に日付確認をする際に焦るのは私だけでし …

「愛鳥週間のポスター作成」過去の受賞作品から見たオススメの鳥とは?

 よく学校の課題となる「愛鳥週間」のポスター。 鳥を描く機会もそのポスターくらいですから、何を描くか困りますよね。 課題だから何か書かなくてはいけないけど、鳥と言っても種類は様々。 過去の受賞ポスター …

6月23日は「オリンピックデー」その由来は?人気競技7選!

2020年はオリンピックイヤーとして日本各地が盛り上がっています。 世界的なスポーツの大会としてアスリートの目標ともなっていますよね。 今回はそんなオリンピックの記念日である「オリンピックデー」につい …

「子供の運動会」暑さ対策とマナーが大事。日除けの日傘は大丈夫?

  子供の運動会といえば大事なイベントの一つでもあります。 お母さんは手の込んだお弁当を準備、お父さんは撮影担当なんてお家も多いのでは? 親にとって学校行事における子供の姿はとても新鮮に映るもの、 「 …

子供に分かりやすく伝える七夕の由来!願い事をなぜ笹に飾るの?

七夕は誰もが知っている通り7月7日、 スーパーや商店街など身近な所で七夕の笹が綺麗に飾られていますよね。 ちょうど七夕飾りの付近には短冊の記入スペースがあり、 親子連れで来られた方が願いを書いた短冊を …