お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

1月 年間行事

十日恵比寿っていつから始まった?意味は?戎とどっちが正解?

投稿日:


 皆さんもご存知のえびす様、七福神の1人としても有名な神様ですよね。
右手に釣竿、左手には鯛を抱えた福耳の温厚そうな姿は誰もが知っていると思います。
お父さん方にはビールでもお馴染みかもしれませんね。

えびす様は商売繁盛や五穀豊穣といったご利益を授けてくれる神様です。
えびす様を祀っている神社の多くは、年明けの1月10日に「十日えびす」が行われます。

 毎年行っている方もいらっしゃるかもしれませんが、その由来はご存知でしょうか?
最近では十日えびすの際に行われる福男選びも注目されますが、
なぜ毎年十日に行われているのか不思議になりませんか?

知っている様で知らない「十日えびす」について調べてみました。

  

十日えびすの由来や意味は?いつから?


 十日えびすとはえびす様を祀り、商売繁盛や五穀豊穣を祈願するえびす講のひとつ。
他にも旧暦の10月20日、1月20日など開催日が異なるえびす講もあります。

一概には言えませんが関西は1月10日に行われる十日えびすが多く、
関東はそれ以外の日程でえびす講が行なわれている所が多い様です。

 祭祀とは言っても、家庭内祭祀としての意味合いが強いのが特徴です。
えべっさんの愛称もあるえびす様、一般の家庭においても愛されている神様である事が伺えます。

古くから愛されていた神様だけあり、十日えびすは古くから存在しています。
福男選びで有名な兵庫県の西宮神社では鎌倉時代においてすでに十日えびすが開催されていたそうです。
一般的になったのは豊臣政権時代の戦国時代、そして江戸時代になると庶民へも広がりをみせました。

またなぜ十日なのかについては諸説あり、
西宮神社における御篝神事という行事がもととなり十日となった説。
えびす様の誕生が1月10日だったのでそれにあやかったとする説などがあります。

何を買う?置き場所は?


 特に商売繁盛の神様として商人から人気に火が付いたえびす様だけあって、
十日えびすでは商売繁盛のご利益がある福笹と熊手が売られています。

どちらも人気ですが、家庭の場合は福笹で商いをしている場合は熊手が一般的。
値段はピンキリで、小さく可愛いものからとても大きく豪華なものまで様々。
お好みのものを探して歩くのも十日えびすの楽しみ方かもしれませんね。

 もし縁起物を買ったなら家に飾りたくなるものですが、場所は迷う所です。
福笹はその年の恵方に向けて飾るとよいとされています。
頭より高い位置で、家族の集まる部屋だと理想的です。

熊手は神棚があるお家なら神棚、無い場合は玄関や床の間の高い場所がよいとされています。
熊手の正面を北に向けて飾るのは避けた方がよいとされているので注意して下さいね。

恵比寿と戎の違いは?どちらが正しい?


 七福神の中でも有名なえびす様、実は七福神で唯一の日本の神様です。
他の神様はインドの神様や中国の神様で構成されており、意外と国際的な神様集団と言えますね。

ビールや地名でお馴染みなのは恵比寿ですが、戎じゃないの?と思う方もいるかもしれません。
実はえびす様には様々な書き方が存在しています。
恵比寿、戎、夷、胡、蛭子などがありますが、どれもえびすと読みます。

 正しいのはどれかというと、どれが正しいとは言えません。
西宮神社では戎ですが、九州では恵比寿が使われています。
地域によって漢字表記が違っている状態なので、どれも正しいと言うべきでしょうか。
正直こんなに漢字があるとは思いませんよね。

まとめ

 十日えびすでは「商売繁盛で笹もって来い」という威勢のいい掛け声が有名です。
笹に十日えびすで買った縁起物の子宝をつければ商売繁盛させてやる!という事。

それで商売繁盛となったら、また来年も笹を持ってお参りにおいでという意味もあるそうです。
「商売繁盛で笹もってこい、吉兆買う人得な人、来年も吉兆はここだっせ」のお囃子で、
賑わい十日えびすは活気で溢れています。

 そんな活気がある十日えびすで縁起物を買えば、本当にご利益がありそうですね。
観光にも持って来いの十日えびす、機会があったらぜひ行って見てください。

-1月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

年代別!バレンタインで絶対に喜ばれるチョコ以外のギフト!

  バレンタインデーといえば、女性から男性へチョコを贈る日。 日本においてもはや定番イベントとして定着しており、特設コーナーもできるほどです。 チョコレートは種類豊富で迷ってしまうくらいあるのですが、 …

秋の夜長の語源って何?家で出来る楽しみ方、おすすめの過ごし方は?

段々と日が短くなって行くと夏の終わりを身に染みてしみじみと感じる頃かと思います。 暦の上では8月7日頃の「立秋の日」からはもう秋となり、いつも季節の移り変わりを早く感じるものです。 夏が終わるとすぐに …

カレーの日っていつ?子供が喜ぶアレンジメニューはある?

  苦手な人が少なくみんな大好きなカレーは食卓の定番メニューです。 特に子供がいるご家庭ではよく食べられているのではないでしょうか。 子供も大好きなので、野菜が入っていても食べてくれますし、 野菜嫌い …

立夏(二十四節機)っていつ?意味や由来は?何をして過ごす?

立夏と言われてもあまりピンとこない方も多いはず、 節分のある立春と比べると印象も薄くいつの話?なんて思いますよね。 カレンダーには記載されている事が多いものの、祝日でも無ければ見過ごす人が大半でしょう …

とっておき!バレンタインの装飾を手作り !ガーランドで大変身

 お部屋も季節によって模様替えする方もいらっしゃいますよね。 クリスマスくらいしか飾り付けをしない方もいるかもしれません。 部屋に装飾をしてもイベントが終わったら片付けもあるし面倒。 それにセンス良く …