お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

2月 年間行事

受験勉強のコツは「息抜き」!楽しく気分転換すれば成績アップ!

投稿日:


受験生になると待ち受けるのが受験勉強です。
文字を見ただけで拒絶反応が出るなんて人もいるかもしれませんね。

コツコツと勉強を重ねる時間なだけあり、苦しかった思い出が残るのでしょうか。
計画を立てながら勉強しても、計画通りに進まない事もしばしば。

勉強時間は裏切らないと知ってはいても、
思ったより結果が奮わないとモチベーションも低下してしまいます。

どうにか受験勉強も効率的に進めたいですが、なかなか上手くいかない事も。
そんな方は勉強の合間に「息抜き」を取り入れてみましょう。

 「息抜き」していたらせっかくの集中力が途切れる…。
なんて思われますが、実は上手な「息抜き」は受験勉強にも役立ちます。

適度な「息抜き」による効果とその方法についてまとめてみました。

  

「息抜き」は大切?必要なの?


 受験勉強に限らず勉強は日々の積み重ねが大切です。
それならば毎日何時間も勉強すれば、内容が身に付くかというとそうではありません。

集中して勉強をしなければ、それはただの時間の浪費。
作業になってしまっていては、勉強しているとは言えないのです。

では、何が大切かというと、
勉強の質を高めた状態でいかに勉強時間を確保するかです。
質の高い勉強を積み重ねて行うことでやっと勉強の成果が出ます。

勉強の質はどうやって高めればいいのか?

勉強方法の問題もありますが、根本的に勉強の質を決めるのは私達の脳です。

例えば学校の授業中にぼーっと授業を聞いている子もいれば、
集中して聞いている子もいます。どちらが内容をより覚えているかといえば、後者でしょう。

 勉強の質を高めようとすると、集中し脳を酷使する状態となります。
この集中が長い時間続けば問題が無いのですが、ご存知の通りそれには限界があるのです。

集中が切れ、脳が疲弊している状態で勉強を進めてもいい結果は生まれません。
パフォーマンスが低下している状態では思考も追いつかず、
問題も解けないのでイライラだけが残ってしまう事が多いのではないでしょうか。

ずっと長い時間勉強するのは不可能な事で、効率としてもよくない行為なのです。
それならどうすればいいのか、ずばり「息抜き」をしましょう。
脳の疲労を回復させる事で、集中力も回復させる事ができます。

手軽にできる「息抜き」は?


 「息抜き」を上手に取る事で集中力の回復だけでなく、勉強時のイライラも減らす事ができます
勉強しなくてはいけないのにイライラして頭に入ってこない経験のある方もいるのでは?

イライラしている時、脳にはストレスがかかっている状態です。
その状態が繰り返し続くとストレスへ過敏に反応してしまう様になります。
ストレスは、「考える力」を司る前頭葉の働きを阻害するという研究結果も発表されています。

せっかく勉強する気があっても、脳がストレスでお疲れモードでは非効率的。
上手に「息抜き」をして気持ちも脳もリフレッシュしましょう。

 受験生に人気の手軽にできる「息抜き」方法をいくつか調べてみました。

・アロマオイル

リラックス効果も高く、香りによっては集中力を高めてくれるものも。
ペパーミントの香りも集中力UPには良いそうですが、眠気覚ましにも効果的かもしれません。

・音楽を聴く

アロマと同じく曲によってはリラックス効果もあります。
リラックスするならクラシック、特にモーツァルトがおすすめの様です。
ただ普通に好きなアーティストの楽曲を聞くだけでも十分息抜きになりそうですよね。
勉強しながら音楽を聴くのは、勉強の効率が落ちるそうなので注意して下さい。

・ストレッチ

机に向かって勉強していると身体も凝り固まってしまいます。
息抜きがてらストレッチをすれば身も心もほぐれそうですね。
勉強で酷使するのは脳だけではありません、眼の疲れも侮れませんよ。
眼球ストレッチをすると疲れ目もすっきりするのでお試しあれ。

勉強+「息抜き」がコツ!

 勉強も継続は力なりである事は皆さん知っての通りでしょう。
長ーく続く受験勉強を乗り切る為には上手な「息抜き」が必須です。

集中力の限界は大人の場合、平均45~50分。
15分ごとに集中力の波があり、45分を迎えた頃に徐々に低下していくそうです。

効率よく勉強したいと考えるならば、この集中力の波をいかに伸ばすかが大切。
「息抜き」を上手く取り入れられれば、実質集中している時間は長くなるのです。

 

注意してもらいたいのは「息抜き」のしすぎ。
思うように勉強が進まない方は、休憩時間の取りすぎが原因かも。

「息抜き」は良い効果がたくさんありますが、
あまり長い時間取りすぎると勉強への復帰ができなくなってしまいます。

タイマーで勉強時間、休憩時間ともにきちんと時間を決めておきましょう。
明確な区切りがあると、メリハリが付いてやる気も出てくるのでおすすめです。

まとめ


 勉強方法、息抜きの仕方には様々なものがあります。
どれが自分に合っているかすぐに分かる人はいませんので、
経験を積みながら自分に合っているものを選んでみて下さいね。

自分に合った息抜きを見つけられれば、
嫌な勉強もなんとか楽しみを見出して続けられるのではないでしょうか。

辛い受験勉強ですが、いつか自分の身になると思って乗り切りましょう。

-2月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

こどもの日の「鯉のぼり」意味は?何歳まで出すの?室内でも良いの?

  五月晴れの空に泳ぐ「鯉のぼり」、季節を感じさせてくれるアイテムの一つですよね。 風にたなびくその姿は色鮮やかで美しく、男の子に限らず女の子も楽しみにしているのではないでしょうか。 この季節になると …

苗字で女子に人気なのって何?外国人がカッコいいと思うのは?

 皆さんもちろん苗字をお持ちだと思います。 さて苗字っていつからどうやって決められたのでしょうか? 苗字なんて家で決まっているものだから、そんなの知らないよ!って思いますよね。  でも実は苗字が出来た …

シルバーウイークに日帰りで楽しむ遊びは?穴場は?子供といきたい

暑さもピークも過ぎたシルバーウィークは絶好のお出かけ日和です。 連休で大人は休みたい気持ちがあるかもしれませんが、夏休みが終わったとはいえお子さんはきっと休んでなんてくれません。せっかくのお出かけのチ …

建国記念日って何?子供に意味を分かりやすく説明してみた!

建国記念日というと多くの方は当たり前の様に知っていると答えるでしょう。 「日本という国が出来た日」としてご存知のはずです。 でも普通に考えてみると、いつのから日本は国として存在しているのでしょうか。 …

雛人形を飾る時の向きや方角って決まってる?運気アップ出来る?

  時期が近づくと飾る雛人形、どこに置くか悩みますよね。 その時ごとに空いているスペースに飾る方もいれば、 毎年飾る定位置が決まっているなんて方もいらっしゃるでしょう。 お子さんがまだ小さい時には毎年 …