お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

2月 年間行事

逆効果!受験生がヤメて欲しい親の態度。すぐ改めるべき5選!

投稿日:


子供にとっては人生を左右する場面といえる受験。
努力は報われると信じながら勉強する姿を心配している親御さんも多いと思います。

あまり勉強している姿が見られないお子さんには、
「もっと勉強しないと!」なんて言ってしまう方もいるのでは?

 心配でつい口を出してしまう親の気持ちも分かります。
しかし、子供にとっても受験勉強は我慢する事も多く、ストレスを抱えがち。

そんな時に親の対応によっては、より子供のストレスは大きくなってしまいます。
最近では「受験ストレス」や「受験うつ」なんて言葉もある程です。

過度なストレスは悪影響ばかり。心身ともに症状が出て、酷い場合には病院での治療が必要です。
親がストレスの原因とならない為に、気を付けてもらいたい事をまとめてみました。

  

受験ストレスって知っていますか?


 受験にある程度は付きものといえるストレスですが、ストレスも全てが悪いという訳ではありません。
良性のストレスもあり、これは一定の緊張感を保たせてくれる程度のストレスを差します。

スポーツ選手は試合時に適度な緊張感を持って、本番に臨みます。
イメージで言うと、その時のストレスはプレッシャーともなりますが、
高い集中力を自分に与えてくれ良い結果を導いてくれるストレスなのです。

良性ストレスと上手く付き合えれば自分の力を高め、
普段以上のパフォーマンスが発揮できる様に気持ちコントロールする事も可能です。

 そんな良性のストレスもストレス値が高くなると、悪性ストレスへと変化してしまいます。
悪性ストレスはご存知の様に過度にストレスがかかり、心身へ悪影響を与えます。

主な症状の一例としては、

・イライラ感
・偏頭痛や腹痛
・ミスが多くなる
・集中力の低下
・不眠

あくまでこれは一例に過ぎません。
悪性ストレスによって起こる症状は本当に様々です。

ただ言える事として受験勉強を妨げる様な症状ばかりなのです。
この悪性ストレスがより深刻になると「受験うつ」にも繋がってしまうかもしれません。

ヤメて!見直したい親の態度5選!


 通常の受験勉強でもストレスは溜まってしまうもの。
受験への焦りや結果に繋がらない悔しさ等、受験生には重いプレッシャーがつきまといます。

そんな時に大切なのが、親の行動や態度。
受験生が悩んでいる内容として親から受けるストレスもよく問題となっています。

あなたのその何気ない言葉や行動が子供のストレスの引き金になっているのかも。
今一度、自らの行動や言動を見直してみましょう。

 受験生の声で多かった親にヤメてもらいたい態度や言動をまとめてみました。
自分に当てはまるものが無いか、受験を控える子供へのNG項目をチェックしてみて下さい。

①勉強を催促する。
②勉強方法へ口を出す。
③他人との比較
④マイナス思考や否定的な態度。
⑤進路を勝手に決める。

 受験生は自ら考えて計画を立て、勉強に励んでいます。
そこへ口を出したり催促したりすれば、やる気を削ぐ事に。

つい手や口を出してしまう親心も、ここではぐっ!と我慢が大切。
親としては自主性を尊重し、見守る姿勢を持ちましょう。

それでも進路の問題だけは受験生だけでは決められません。
金銭的な事もありますので、ここはきちんとした話し合いが必要です。
ここできちんと話し合いをしないと、後々将来まで続く問題となる事も。
お互いの意思や主張をとことん話し合って見て下さい。

受験生へのサポート、何をする?


 それでも何か子供にしてあげたいと思うのが親心ですよね。
では親が受験生の子供にしてあげられる事はなんでしょうか。

基本的な事ばかりですが、
バランスの取れた食事の提供と健康管理のサポートでしょう。

お子さんによっては、夜遅くまで勉強する事もあり生活は乱れがちです。
そんな時こそ基本的な生活習慣が大切になってきます。

 よく親が夜食を作ってくれて嬉しかったという話も聞きます。
取り立てて珍しい事ではないよくある事でも、子供にとっては嬉しいのです。
食事に子供へのエールを込めて、頑張る我が子に暖かい食事を作ってあげて下さい。

また受験シーズンはインフルエンザのシーズンとも重なります。
万が一かもしれませんが、予防接種を受けさせておくのも忘れずに。

まとめ


 お子さんが受験で苦しい時こそ、親の力が試されるのかもしれません。
何気ない言葉が子供にとって追い打ちを掛ける言葉とならない様に気をつけましょう。

受験によるストレスでお子さんも過敏になっている時期です。
親がストレスのはけ口となり、乱暴な言動もあるかもしれません。
頑張っているからこそと、おおらかな心持ちで対応してあげて下さい。

-2月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

忘年会の挨拶を面白くするには?最後の手締めって何?やり方は?

  忘年会で皆でわいわい飲むとやっと一年終わると身にしみて実感します。 楽しめればそれだけで忘年会として大成功!とも言えるのですが、 一年の終わりという大切な節目の役割もある忘年会で「挨拶」は欠かせま …

シルバーウイーク2018今年はいつ?子供と楽しむ過ごし方。

夏休みのあとの楽しみといえば、秋に控えるシルバーウィークですよね!近年、9月にシルバーウィークと呼ばれる連休ができたわけですが、2018年はどのような日程なのか?大型連休はある?調べてみました! 関連

海の日2019年はいつ?由来は?子供と楽しむイベント穴場は?

 海の日がニュースで報道される際には、 よく海開きの映像が流されるので海の日=海開きのイメージが強いかもしれません。 でも実は海開きが必ず海の日に行われている訳ではないのです。 それならなぜ海の日とい …

「春一番」2019年はいつ頃吹くのかな?春2番や3番もあるの?

天気予報でよく聞く「春一番」という言葉、春の訪れを知らせてくれる風と言われています。 よく聞く言葉ではあっても、どういう風が春一番なのかは分からない方が多いですよね。 かくいう私も分からない内のひとり …

「母の日に贈る花」どんな種類がある?花言葉を添えて想いを伝えて

 「母の日」といえばカーネーションと誰もが答える程、 カーネーションを贈るというイメージが強く根付いています。 「母の日」の由来から定番の贈り物となったカーネーションですが、 あまりにも定番すぎるので …