お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

2月 年間行事

節分の風習や文化!知られざる全国にある地域独特の面白い風習

投稿日:

 
節分の行事として現在でも行われている豆まき。鬼を払う事で厄払いをする行事です。
あまり知られていませんが、豆まきの他にも厄払いの行事が存在しています。

行事として地域ごとに異なった面白い風習があり、
聞いたこともない様な行事も実際に節分の文化として残っています。

 しかし、知られざる節分の風習も元をたどれば厄払いが目的です。
科学も医療も発達していない頃、日本人が厄払いを行い
いかに家族を厄災から守ろうとしたかを伺い知る事ができます。

今でこそ知られていない風習もありますが、
昔からの知恵が詰まっている行事がたくさん。

そんな切なる願いが産んだ、節分の風習や文化について勉強してみましょう。

  

豆まきの豆は何?違いは?


 節分が近づくと鬼のお面が付いた福豆が販売される様になります。
豆まきに使う豆にも地域差があるのをご存知ですか?

豆まきは子供の頃から行っている方も多く、
当然豆まきの豆といえばこれ!と思っている方も多いでしょう
 
 一般的には節分の由来より大豆を用いる所が多いですが、
落花生を豆まきに使う方がメジャーであるという地域もあるのです。

東京では大豆ばかりが使用されるので意外に思われるかもしれません。
北海道では落花生ばかり使われている様です。

落花生といえば千葉県ですが千葉県ではどちらも売られており、
家の中は落花生で外では大豆を撒いているというご家庭もありました。

確かに落花生だと撒いた後に回収しやすく、食べやすい利点があります。
大豆派の方も、外で撒く際には落花生を使ってみてもいいかもしれません。

節分の風習は?地域によって違うの?


 冒頭でもお話した様に、地域によって節分の風習は違っています。
地域独特でそこでしか行なわれていないものもあるので、調べてみました。

・柊鰯

割とメジャーな風習である柊鰯(ひいらぎいわし)も最近は見かけません。
鬼が嫌う柊と鰯を門に飾る事で鬼の侵入を防ぐ厄除けです。
平安時代にはすでに行われていた由緒ある厄払いの方法となっています。

・鬼ぐい

愛媛県で行われる鬼ぐいは、タラノキにトベラの枝を挿し煮干を括りつけたもの。
柊鰯と同じく材料は鬼が嫌うものでできています。
「くい」というのは方言でトゲトゲしているという意味との事。

・目籠

千葉や静岡などで行われている風習です。
目籠を伏せて竹竿の先に吊るし鬼を追い払う厄払いの方法です。
鬼が自分よりも多くの目のある目籠を恐れ、逃げていくとされています。

 節分の風習について調べていくと分かるのが、鬼の弱点は目と棘そして匂いだという事です。
どこも風習は違えど飾りとして用いられるのは刺のある植物と匂いのある魚なのです。

また豆まきの由来となった伝説においても、鬼の目に豆が当たり撃退できたとされています。
山梨では目籠を鬼の目に見立て豆を投げ入れるそうです。

違った風習として残っていても、節分の文化としての広まりは同じなのでしょうか。
風習の所々に共通点があるのが興味深いですね。

節分の食文化!何を食べる?


 豆まきの豆も撒いた後には歳の数または歳の数+1つ豆を食べると良いことがあると言われています。
大豆を使う場合には厄払いの豆から芽が出ると縁起が悪いので、しっかりと炒った豆が使われます。

その炒り豆、豆まき後にすぐに食べる所もあれば
神棚にあげて保存をし初雷が鳴ったら食べるという地域もあるそうです。

初雷とは立春後の最初の雷のこと。
無病息災、魔除けの効果の他に雷に当たらないとの言い伝えもあるのだとか。

 その他にも、節分で用いられた食べ物を食べる食文化も残っています。
柊鰯で使われた鰯も節分いわしとして食されています。
西日本では焼いて食べるそうですが、奈良では鰯をアラメで巻き「め巻き」にして食べます。

豆まきに使われた福豆もそのまま食べるのではなく、
昆布や梅干を加え煎茶や湯を注ぎお茶として食べる「福茶」もあります。

地域によっては鯨料理を食べる、厄除けぜんざい・饅頭を食べる所もあるそうです。
調べてみると節分の食文化は地域によって様々なバリエーションが存在するのですね。

まとめ


 節分と一口に言ってもその文化や風習は地域によって異なっています。
節分飾り、食文化の違いなど調べてみると知らない事ばかりで面白いですね。

最近では恵方巻きも節分に召し上がる方が増えてきています。
しかし、驚かれるかもしれませんが恵方巻きは歴史の浅い節分の食べ物なのです。
昨今の節分時の恵方巻きブームはコンビニエンスストアのセブンイレブンによるものだとか。

 お住まいの地域にどんな風習が残っているにせよ、
節分に厄払いの行事を行い家族の無病息災を祈る目的は一緒です。

ぜひ家族みんなで豆まきを行い、美味しく節分料理を頂きましょう。
ご家族全員が健やかに1年を過ごされますように。

-2月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

天神祭りを子連れで楽しむ!おすすめ穴場スポット!トイレは?

日本三大祭の一つである天神祭、毎年多くの観客が押し寄せます。 都会で行われる大きなお祭りであり、屋台数も多く家族にも大人気。 子連れでもお祭りを楽しみたい方は大勢いるはずですが、 最大のネックとなるの …

母の日って世界中にある?海外のオススメ定番プレゼント5選

「母の日」といえば、お母さんへの日頃の感謝を伝える日。 日本においては小さい子供でも分かる程、広く認知されている行事です。 子供の頃は折り紙でカーネーションを作ったり、 お母さんの似顔絵を書いて渡した …

十日恵比寿っていつから始まった?意味は?戎とどっちが正解?

 皆さんもご存知のえびす様、七福神の1人としても有名な神様ですよね。 右手に釣竿、左手には鯛を抱えた福耳の温厚そうな姿は誰もが知っていると思います。 お父さん方にはビールでもお馴染みかもしれませんね。 …

初詣に車で行ける穴場?関西近郊ならいつ行けばいいのかな?

お正月と言えば欠かせないのが初詣です。 元旦にお雑煮を食べてひと段落したら「よし、そろそろ…」と、 ご家族で出かける家庭も多いのではないでしょうか。 三が日には参拝客も多く混雑する神社ばかり。 有名な …

6月22日は「かにの日」由来は?ズワイとタラバ、人気なのは?

みなさん大好きな甲殻類のあの蟹、 あまり知られていませんが記念日があるのはご存知でしょうか。 日本人は蟹好きで知られており、昔からご馳走とされています。 今でも年末年始は蟹が欠かせないという方もいらっ …