お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 3月

幸せになる!ひな祭りの雛人形、飾る時期としまう時期!

投稿日:

 
3月といえば女の子が主役となるひな祭りの季節。
保育園や幼稚園でもひな祭りのお祝いが行われたりしています。

ひな祭りのあの歌を聞く様になる時期でもあり、
華やかな着物を着た綺麗な雛人形は女の子の憧れでもあります。

 お家に雛人形がある場合に悩むのは飾る時期について。
早く出そうと思っていても忙しくてギリギリになりがちですよね。

いつ雛人形を飾り始めればいいのかいい日はないのでしょうか?
また段飾りだとしまうのも一苦労、いつまでにしまうのが良いのでしょう?

雛人形のあれこれ調べてみました。

  

雛人形の由来や意味は?


 女の子の健やかな成長を祈る節句であるひな祭り。
端午の節句の五月人形や鯉のぼりの様に欠かせないのが雛人形です。

おままごとが大好きという女の子も多く、
なんとなく人形と女の子は結びつき易いイメージです。

「ひな」という言葉の元は平安時代の「ひいな」という遊びからきており、
これは一種のおままごとの様な遊びだそうです。

また同じく平安時代には紙で作った人形を川へ流す「流し雛」もあり、
雛人形が厄除けや自身を守ってくれる守り雛とされていました。

 その後、江戸時代には遊びの「ひいな」と厄除けの意味を持つ雛人形が結びつき
全国的な行事として雛人形が飾られる様になりました。

より時代が進むと厄除けの行事としての意味は薄くなり、
女の子の成長や幸せを祝う行事として大切にされるようになっていきました。

飾る時期としまう時期は?いつ?


 大切な行事であるひな祭りも雛人形を飾るのは大変です。
特に昔ながらの段飾りのあるものは何が何だか分からなくなりそう。

そうは言ってもいざ飾るとお子さんは喜んでくれるもの。
ではいつ飾るのがいいのでしょうか?

習慣の違いもあり地域による場合もあるのですが、
雛人形を飾る時期の目安としては立春から2月の中旬とされています。

いつもギリギリという方も、1週間前までには出してあげましょう。
1年に1度しか飾らないので、せっかくなら長く飾ってあげたいですよね。

 日柄も、六曜の大安吉日に飾るという方もいらっしゃるようですね。
あまり日柄は気にしなくても良いとも言われていますが、縁起の良い日もあるのです。

その日はいつかというと、「雨水の日」です。
雨水というのは、空から降る雪が雨へと変わる季節の節目とされる日の事。
立春から数えて15日目、2019年は2月19日です。

なぜ縁起が良いのかというと、良縁に恵まれると言われているからです。
もし飾れそうなら、この雨水の日に飾ってみて下さい。

 反対にしまう時は遅いと婚期を逃すとも言われています。
早くしまいましょうという戒めにしか過ぎませんが、いつ頃しまえば良いのでしょうか?

こちらも目安に過ぎませんが3月3日が終わったら片付けるか、
遅くとも3月の中旬頃までとされています。

あまり長く出しておくのも変なので、季節の行事と割り切って早めにしまいましょう。
しまう際には湿度の関係から天気の良い日がおすすめされています。

大切な雛人形ですので、傷まない様に丁寧にしまってあげて下さいね。
絹が多く使われているので、保存方法は正絹の和服と同じく大切に扱って下さい。

雛人形、何歳まで出す?


 子供が小さい頃は喜んでくれていた雛人形も、
成長するにつれ興味が無くなるのか、反応も淡白になりがち。

せっかくの行事だから飾りたいという気持ちもありつつ、
わざわざ飾るのも大変という本音もありますよね。

他の方はいつまで飾っているのかを調べてみると、
多くの方は子供が結婚するまでは雛人形を飾っているそう。

 確かに結婚というと、女性にとっては一つの区切りと言えるのかもしれませんね。
ただ、結婚後も自分の家で飾る方や実家で飾ってもらっている方も。

正式には何歳までか決まっているのか?というと、実は決まっていません。
本来の雛人形は身代わりとして災厄を引き受け守ってくれる存在、
大人になったから厄が無くなる訳ではないのでいつまでという期限も無いのです。

まとめ


 最近では飾るスペースの問題もあり、
どんどん雛人形を飾る期間も短くなっているのだとか。

せっかくお祝いの気持ちを込めた雛人形ですので、
ひな祭りの時期くらいは綺麗な姿で飾ってあげたいものですね。

-年間行事, 3月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

秋祭りを保育園で開催するみたい!はっぴのカワイイ着方教えて

保育園でのお祭りに子供に何を着せて行こうか迷っている方いませんか? 夏なら甚平や浴衣でも良いですが、秋の秋祭りとなると何を着せたらいいのか迷いますよね。 保育園に限らず神社で秋祭りが開かれる所もあると …

ハロウィーンで仮装する?子供の衣装を簡単で安く作る方法

10月31日はハロウィーン。最近では、大人も子どもも、仮装するのが当たり前のイベントになってきました。 せっかくのハロウィーン。でも1から衣装を手作りするのは大変。100均アイテムにひと工夫をして、子 …

今年のバレンタインは和菓子もアリかも!大福のおすすめ5選

 バレンタインデーといえば定番はチョコレートですが、チョコレートばかり貰っても困るもの。 美味しいですがいっぱいあると少し変わり種も欲しくはなってしまいますよね。 できれば食べ物の方が食べてしまえば残 …

子供に分かりやすく伝える七夕の由来!願い事をなぜ笹に飾るの?

七夕は誰もが知っている通り7月7日、 スーパーや商店街など身近な所で七夕の笹が綺麗に飾られていますよね。 ちょうど七夕飾りの付近には短冊の記入スペースがあり、 親子連れで来られた方が願いを書いた短冊を …

「ボーリングの日」由来は?日本発祥の地はどこ?9本だった?

日本においても馴染み深いスポーツのボウリング。 スポーツとしても行なわれていますが、娯楽としても人気です。 老若男女が一緒に行えるという点においては珍しい競技でしょう。 ピンを狙ってボールを投げるとい …