お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 3月

ひな祭りの雛人形、小さな家に合う種類は?片付けの楽なのは?

投稿日:


子供の頃はどんと大きな段飾りの雛人形を羨ましいと感じていましたが、
大人になって今では自分の家にはあんなに大きいのは置けないなと考えています。

立派な段飾りの雛人形があるお家でひな祭りをさせてもらったことも。
やっぱり自分の子供に買うなら見栄えのするものがいいのでしょうか?

でも現実的に言えばスペースも無いし、飾るのも大変そうだし…。
もうちょっと簡単にできる種類は無いものかと調べてみました。

 皆さん考える事は同じ様で、やはり昔とサイズや種類も変わっています。
なんとなくお内裏様とお雛様の表情も今風にアレンジされているものも。
確かに夜見ると怖かったりしたなぁと懐かしく思いました。

そんな最近の雛人形についてまとめました。

  

受け継ぐもの?誰が買う?


 昔は嫁入り道具と言われていた雛人形、確かに自分で飾っている方もいらっしゃいますね。
そしてよく言われているのが、雛人形は受け継ぐものか?購入するなら誰が?という問題です。

まず雛人形を受け継ぐか否かについては、明確な決まりがありません。
本来の雛人形が厄除けの意味を持つ事から受け継ぐ方は少ない様ですが、
受け継いではいけないという決まりも無いのです。

厄除けの意味を持っていた時代の雛人形は簡素なもので、
現在の様に高価ではありませんでした。

出来の良い人形なら、保存をきちんと行えば長く使えるものでもあります。
ずっと自分の成長を見守ってきた雛人形を娘にというのも悪くないでしょう。

 次に問題となる誰が購入するかについて、一般的には母方の祖父母と言われています。
これも一般的な話で誰が購入しても良いのです。

バランスをとって父方・母方のどちらからもお金を出して貰うという方、
娘さんの好みを尊重し子供のご両親が買う方もいらっしゃるようです。

せっかくの女の子の成長を祝うひな祭りですので、揉め事の無いように穏便に済ませたいですよね。
最近は色々な種類の雛人形が出ています。家に置くと考えれば、納得のいくものを購入したくなるものです。

どんな雛人形がある?種類は?


 見た目に鮮やかで華やかさもある雛人形、
選びに行ってもどれがいいのか見とれて迷ってしまう場合もあるでしょう。

それを避ける為に、まずは雛人形の種類を決めておきましょう。

雛人形の大まかな種類として、

・親王飾り
 お内裏様とお雛様、男雛と女雛のみの飾り

・3段飾り
 一対の男雛と女雛の他に三人官女が付いた飾り

・7段飾り
 3段飾りに五人囃子、随身、仕丁が付いており、
 総勢15人の人形が勢ぞろいした飾り

 お家に雛人形を飾るスペースがどれくらいあるのか、
あらかじめ計測して行かないとどれにしようか決められません。

スペースに合わせて、どの種類の雛人形にするか検討しておきましょう。
ただ大まかな種類でしかなく、同じ種類でもサイズ感はバラバラです。

入らなかった!なんて事を防ぐ為にもきちんとした計測が大切です。

片付けが楽なのはどれ?


 お子さんからすれば見た目重視なのでしょうが、
準備と片付けをするお母さんからしたら手間のかからなさも大切なポイント。

もう既に苦労されている方もいらっしゃるでしょうが、
雛人形は飾りの種類だけでなく作りにも種類があります。

ほとんどの雛人形は「衣裳着人形」と「木目込人形」の2種類。
衣裳着人形は衣装を胴体に着せて、頭をつけたもの。
木目込人形は衣装となる布を表面に被せ、着ているように仕立てたもの。

 雛人形と言えば衣裳着人形がほとんどだったのですが、
近年では木目込人形の人気が高まってきています。

その理由としては、比較的小さいサイズが多くリーズナブルである点。
そして、着物の崩れを心配しないで良いという点にあります。
今の住宅事情を考えれば人気なのも納得です。

 雛人形を片付ける場合は元の箱に戻す方法がベストです。
雛人形の衣装は絹で出来ており、丁寧に保存するのが大切。

そうなるとやはり人形の数が多いと箱も自然と多くなりがち。
片付けに楽さを求めるなら、ケース入りの雛人形もおすすめです。

ケースごと飾ったり片付けたりできますので、収納も簡単です。
汚れもケースにしか付きません。お手入れも簡単なのは嬉しいですね。
  

まとめ


 今回調べていて、雛人形には関東雛と関西の京雛がある事を初めて知りました。
関東は武家、関西は宮中と雛人形のモデルが違います。

男雛と女雛の左右の位置や飾りも違いがあるそうです。
あまり機会がないかもしれませんが、関東と関西の違いを見比べてみたいですね。

 雛人形の種類や大きさは住環境も考慮され多種多様なものに変化しており、
7段飾りでも畳2畳の大きさの省スペースを実現した商品も販売されています。

種類の他にも人形の顔や着物の柄等、気になるポイントはたくさんありますよね。
お家に丁度良く飾れるお気に入りの雛人形をぜひ見つけてみて下さい。

-年間行事, 3月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

こどもの日に何をする?思い出に残る過ごし方オススメ7選

 特に何をすると決まってはいない「こどもの日」、 そうはいってもせっかくの祝日なら親としては何かしてあげたい気持ちもあるはず。 お店では「こどもの日」が近づいてくるとPOPもそれを意識したものに。 「 …

出場したい!東京マラソンの当選確率をグンと上げる方法とは?

  ニュースで取り上げられる仮装ランナーも名物の一つでしょうか。 東京マラソンの参加者は誰もが楽しそうに走っているのが印象的ですよね。  東京マラソンに合わせてイベントもたくさんあるので、人出があり活 …

クリスマスのプレゼント。小学生が交換して喜ぶのは?おすすめは?

 楽しいクリスマスパーティーを企画されている方も多いと思いますが、 クリスマスのお祝いっていろんな所で企画されますよね。 保育園・幼稚園、学校、職場、地域でいろんな所でクリスマスを祝います。 楽しい楽 …

「花祭り」とは、お釈迦様の誕生日。甘茶をかける?白い象の由来は?

「花祭り」というとお祭のイメージで想像してしまいますが、 れっきとした仏教の行事として行われています。 保育園や幼稚園が仏教系の所だった方は、結構覚えているかもしれませんね。 仏教では珍しいお祭、何を …

「センスいいなぁ」女子が嬉しかったホワイトデーのお返し7選

気持ちが込もっていれば何でも嬉しいとは言葉では言うものの、 やっぱり貰ってどうリアクションしていいか分からないものもありますよね。 某お悩み解決サイトにて、 「ホワイトデーのお返しにブランドストッキン …