お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 3月

失敗しない!卒園式でビデオ撮影を成功させるコツ7選!

投稿日:


園の行事も卒園式でラスト、せっかくの最後の日はビデオで残したいと思う方も多いはず。
写真はまだ撮りなれていますが、ビデオとなるとなかなか撮る機会もありません。

普段あまり使わないビデオ、引っ張り出してみたはいいものの失敗しないかドキドキ…。
ご夫婦で出席される方は、撮影はお父さんが担当のご家庭が多いのではないでしょうか。
失敗したら子供には申し訳ないし、奥さんには散々な言われようでしょう。
なんとなくその様子が想像できる方もいたりして…。

 ともあれ大切な卒園式は動画で思い出として残しておきたいもの。
ビデオで撮ると写真よりも臨場感も伝わりやすく、卒園式の感動まで撮影できちゃいそうですよね。
その為にはビデオ撮影をどうやって成功させるかが鍵になります。

失敗しない様に撮影のコツをまとめてみました。
このコツを参考に卒園式のビデオ撮影に望んでみて下さいね。

  

そのカメラで大丈夫?


 久々にビデオ撮影をするという方はきちんと機材のチェックをしましょう。
当日困る事が無いように、念には念を入れないといけませんよ。

まず基本的なことですが、バッテリーはフル充電にしておきましょう。
予備のバッテリーがある場合には、そちらも充電し持参した方が安心です。

意外と持ちそうですが、当日になるとテンションも上がりいろいろと撮影しちゃうはず。
そうなると案外バッテリーはすぐに無くなってしまいます。
大切な時に撮影できないと、ただの荷物ですので気をつけましょう。

次は容量の確認です。
撮りっぱなしの方も多いですが、スペックの差はあれど動画の撮影容量は少ないです。
今入っている撮影済み動画はPCやDVDへ移しておきましょう。

 基本が確認できたら、本番さながらにビデオ撮影してみましょう
操作方法をきちんと確認しておくと、当日の撮影時も楽になります。

編集前提で長回しするのもいいですが、長い動画を全部見てちゃんと編集していますか?
正直そこまでするのは面倒です。使える映像を必要なだけ撮りましょう。

ズームも倍率が高ければ良いのではありません。
やはり高倍率でズームをすれば画質も粗くなります。程よいズーム倍率を探っておきましょう。

卒園式においては照明を落とす場面があることも。
暗所は撮影が難しくなります。オートでもいいですが、ホワイトバランスでの設定も可能です。
当日の撮影時に慌てない様に設定についても確認しておきましょう。

当日の流れを確認!


 ちゃんとビデオカメラの確認もしたし、当日はばっちり!
そう思うかもしれませんが、そんなに甘くはありませんよ。

何度か行事のビデオ撮影をしている方は経験した事があるでしょう。
大切な撮影ポイントの場所取りが必要となります。

多くの卒園式において撮影ポイントが指定されています。
大体が保護者席の後ろの方ですので、結構距離があるんですよね。

自分の子が遠くてよく分からないなんて、行事のあるあるかもしれません。
事前に撮影ポイントをチェックし、我が子が綺麗に撮れる場所をゲットして下さい。

 その為には少し早めに会場に向かう必要があります。
遅くとも30分前くらいが慌てずに準備ができるギリギリではないでしょうか。

最後の登園の日ですので場所取りと設定を早めに済ませ、
お子さんに園での思い出を聞いたり園内を案内してもらったりもいいかもしれませんね。

ビデオ撮影のコツ7選!


 最後に撮影時に気を付けて欲しいポイントをコツとしてまとめてみました。
このコツを念頭にビデオ撮影してみて下さい。

・基本は「固定」すること
・ズームは多用しない
・子供ばかり撮影しない
・可能なら設定変えてみる
・カット割を考える
・場面切り替えを入れる
・式の流れを意識する

 一番失敗しがちなミスが手ブレです。三脚があればなお良いですが、
無い場合には手ブレ補正設定を必ずしておいて下さい。

せっかくの卒園式なら自分の子供の姿を1秒でも長く撮影したいかもしれませんが、
同じ映像ばかりだとメリハリが無く見ていてつまらない映像になってしまいます。

人物なら全体・寄り・上半身のみなども撮っておきましょう。
式の流れに沿って会場も撮影しておけば、式の雰囲気も伝わりやすいです。

まとめ


 ビデオ撮影というと親が思い出に残す為のものと思うかもしれませんが、
子供の思い出として残るものでもあります。

卒園式だけをビデオ撮影するのではなく、
長い時間を過ごしたお友達や先生や園の思い出の場所もビデオで残してあげて下さい。

 素敵な思い出がビデオで残せる様に、ビデオ撮影をばっちり成功させましょう。

-年間行事, 3月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「運動会の季節」春に行う?それとも秋?いつから変わったの?

誰もが体験している運動会。思い出話の際にエピソードとして出てくる事もしばしば。 お子さんがいるご家庭は自身の運動会の話をお子さんにする機会もあるのではないでしょうか。 ご両親の年代によっては同じ運動会 …

今年のバレンタインは和菓子もアリかも!大福のおすすめ5選

 バレンタインデーといえば定番はチョコレートですが、チョコレートばかり貰っても困るもの。 美味しいですがいっぱいあると少し変わり種も欲しくはなってしまいますよね。 できれば食べ物の方が食べてしまえば残 …

お年玉はいつから直接渡しますか?いくら位が相場なのかな?

お正月といえば子供はお年玉も楽しみの一つ。 ある程度の期待を持って、何を買おうか考えてるお子さんも多いのではないでしょうか。 子供の頃は楽しみだったお年玉も、大人になると悩みの種になってきます。 あげ …

「春一番」2019年はいつ頃吹くのかな?春2番や3番もあるの?

天気予報でよく聞く「春一番」という言葉、春の訪れを知らせてくれる風と言われています。 よく聞く言葉ではあっても、どういう風が春一番なのかは分からない方が多いですよね。 かくいう私も分からない内のひとり …

高校野球「春の甲子園」と「夏の甲子園」知っておきたい違い7選!

 夏の風物詩ともいえる甲子園、毎年熱戦が見られファンも多いですよね。 甲子園といえば夏という方が多いですが、春にも甲子園は行われています。 同じ甲子園だというのに、なぜこんなにも注目度が変わってくるの …