お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 4月

入園式で失敗しないママの服!靴は?ヒールの高さはどれ位?

投稿日:

 
小さかった我が子もいよいよ保育園・幼稚園デビュー。
その節目となる入園式は親も子供も緊張してしまいますよね。

これからお友達になるお子さんとその親御さんとの顔合わせの場でもあり、
そこまでお堅い式ではないとはいえそれなりの格好をと考えてしまいます。

 フォーマルな格好にしたいけど、お祝いの雰囲気も大切にしたい。
そう考えてどんな服装にしたら良いのか困っているお母さんは多いもの。

入園式の服装として、どんな服装が多いのか調べてみました。
また足元、靴のヒールについても悩みますよね。
おすすめの高さや太さもまとめてみましたので参考にして下さい。

  

服装はどんな?何を着る?


 入園式が近づくとデパートにも特設コーナーが設けられます。
よくあるのがジャケットとの組み合わせコーディネートです。

簡単に1枚で済ませたいという方はワンピース。
セパレートのものが良いという方はシャツにパンツやスカート。

ワンピースの場合は、ジャケットと同系色を選べばより上品に着こなせます。
セパレートの場合は、トップスを変えるだけでカジュアルフォーマルにもできます。
普段着にも着まわしできる点も嬉しいところですね。

 すでにスーツをお持ちの方は、スーツで出席する方もいらっしゃるかと思います。
スーツも入園式に相応しい格好ではありますが、些か華やかさには欠けてしまいます。

そんな時には、コサージュやアクセサリーで華やかさをプラスして見て下さい。
フォーマルコーディネートといえば黒や紺などの色でまとめてしまいがち。

文句なく上品できちんとした印象のお色ですが、
せっかくのおめでたい入園式ならワンポイントが欲しくなりますよね。

差し色として明るめのカラーのコサージュを付ければ、華やかさもばっちり
アクセサリーはシンプルにまとめれば服装の雰囲気を崩さずによりオシャレになりますよ。

コサージュはピンクや白など合わせやすい色なら取り入れやすいですし、
アクセサリーは多くの方が持っているパールで十分。
ちょっとした小物を取り入れて、ワンランク上の入園式コーデにしましょう。

靴はどうする?ヒールは?


 服装は決まっても、なかなか決まらない足元の問題。
オシャレは足元からなんて言葉もある様に、意外と見落としがちだけど大切なポイントです。

子供を連れて行動する事の多いお母さんは、普段スニーカー等の動きやすい靴ばかり。
入園式でフォーマルな服装をするならば、やはりヒールが必要なのでしょうか?

先輩のお母さん方の意見としては、どちらでも・・・という方が大半。
なぜならば入園式はほぼ室内で行われるので、すぐにスリッパに履き替える事になってしまうから。

 それでもやはりヒールを履くといい点もあるのは確かなのです。
それはどこかというと、やはり入園式では写真がつきもの

子供と一緒に写真を撮るお母さんも多いもの。
バストアップなど上半身のみの写真なら気にならない足元も、
引きで全身を写す場合にはやっぱり気になってきます。

そして何よりヒールを履くことによって嬉しいのが、
ヒールの高さによってはスタイルアップ効果が狙えるのです。

ヒールの高さと太さは?


 スタイルアップ効果のある嬉しいヒールも高さがありすぎると疲れの原因になります。
履きなれていない高いヒールを履くと歩きにくいのももちろんですが、すぐに疲れて足もぱんぱん。

スタイルアップ効果は欲しいけど、適切な高さのヒールじゃないとキツイですよね。
ヒールの高さはどのぐらいだといいのでしょうか?

おすすめのヒールの高さは3~5cm
この高さなら歩きにも支障が無く、スタイルアップも狙えます。
履きなれていない方でもチャレンジしやすい高さです。

さらにヒールに慣れている方でしたら5~7cmもおすすめ。
特に7cmは女性の足が最も綺麗に見えると言われるヒールの高さ。
慣れている方なら挑戦してみてもいいのではないでしょうか。

 ヒールの靴を履く際に気をつけて貰いたいのはヒールの太さ。
女性なら当然分かりますが、ヒールが細いとより歩きにくいもの。

逆に太いヒールなら多少高くても安定感を得られます。
低身長の方は特にヒールもある程度高さが欲しいですよね。
そんな時は太さのあるヒールを選べば歩きやすさも抜群です。

まとめ


 おめでたい入園式には親子共々ドレスアップして、普段と違う雰囲気を楽しみたいものですよね。
入園先によってはブラックフォーマル、ホワイトフォーマルで偏りがある所も。
もしできるなら予めリサーチしておくといいかもしれません。

 フォーマルコーディネートだと鞄は小ぶりなものが多いですが、
入園式には入園の案内等の配布資料が配られることもあります。

小ぶりな鞄のみだと困る場面も出るかもしれませんので、
サブバックや鞄に入れておけるエコバックを用意しておいてもいいかもしれませんね。

-年間行事, 4月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

小正月の意味とは?由来は?どうしておしるこを食べるの?

  お正月にはお馴染みの鏡餅も小正月になると鏡開きを行います。 おしるこにして食べているご家庭も多いのではないでしょうか。 寒い時期に暖かいおしるこは堪らないですよね。 冷え切った身体に甘さが染みわた …

今年の夏は親子で行ってみよう!「日本三大花火大会」とは?

  夏の風物詩である花火大会、どこで花火を見ても充分綺麗ですが、 規模の大きな規模の大会だと花火も豪華で見ごたえがあります。 有名な花火大会は数多くありますが、 やはり一度は見てみたいのが「日本三大花 …

秋の七草の子供でも分かる覚え方ってある?見つけ方は?

「春の七草」を知っている方は多くいらっしゃいますが、 実は「秋の七草」もあるのは知っていましたか? 「春の七草」ならスーパーで売っているのを見たけど、 秋は見かけないから分からないという方が多いと思い …

4月13日は巌流島「決闘の日」宮本武蔵はなぜ人気があるの?

歴史上の人物であり知らない人のいない「宮本武蔵」、 主人公として活躍する映画やドラマも数多く存在します。 特に宮本武蔵を語る上で外せないのが、「巌流島」の戦いです。 ライバルである佐々木小次郎との激闘 …

建国記念日って何?子供に意味を分かりやすく説明してみた!

建国記念日というと多くの方は当たり前の様に知っていると答えるでしょう。 「日本という国が出来た日」としてご存知のはずです。 でも普通に考えてみると、いつのから日本は国として存在しているのでしょうか。 …