お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

9月 年間行事

キャンプに行ったら子供に何やらせる?安全で喜ぶのはどんな事?

投稿日:2018年6月20日 更新日:


子供が夏休みに入るとキャンプに行くというご家庭は多いんじゃないでしょうか。
夏の定番ともいえるキャンプですが何かをするといっても大人がメインで動く事になって、子供は暇してるなんて事ありませんか?

大人はテントを張って、BBQセットを準備と子供を見てる時間もなかなか無いのでできれば遊んでて欲しい。でも心配だからなるべく危ない事はしないでもらいたいけど、何をやらせようか。なんて大人は考えてしまします。
 私も子供の頃から毎年家族でキャンプに行っていたので、実際のキャンプでの遊びをご紹介したいと思います。

  

キャンプでの定番の遊び

 やはりキャンプといえば夕方~夜の暗くなってからが本番です。BBQが終わって一段落ついてから、キャンプファイヤーをするのが定番でした。
BBQ後はやはり甘いデザートが食べたくなります。キャンプファイヤーの火でマシュマロを焼いてみたり、焼きリンゴに焼きバナナや焼き芋なんかもしました。

子供でも材料をアルミホイルに包んで焚き火に投げ込むだけなので簡単に作れますよ。後は時間が経ったら、木の枝を拾って来てツンツンしながら様子を見つつ焼け具合を確認。焼けたら粗熱を取って食べるだけです。
じっくりと火が通るのでいつもと違った甘みがあります。普段は自分で料理をしない子供でも失敗が無く、自分で作った物を味わえるので格別に美味しく感じますよ。

複数の家族でキャンプに行った時にはキャンプファイヤーの火を明かりにしながら、ミニゲームを楽しんだ事もあります。例えば一人が目隠しをして、皆と順番に握手をして自分の両親の手をあてる目隠しゲーム。王様ゲームも盛り上がります。

 夏の夜といえば花火も定番です。キャンプ場だと広いので煙もあまり気になりません。ゴミも炭と一緒に捨てられるので大人もらくできますね。
カラフルな手持ち花火を見れば子供は大喜びです。普段は躊躇してしまう打ち上げ花火も楽しめます。
我が家ではいつも打ち上げ花火の火は父が付けていたので、「ちょっと格好良いな」なんて子供の頃は思っていました。

自然を楽しむ遊び

 せっかくのキャンプですから普段とはちょっと違った遊びを楽しんでみませんか?
場所によりますが、川や海にキャンプに行ったら外せないのは水遊びです。日中に水遊びをすれば子供でも夜はくたくたになってすぐに寝てくれるのも大人としてはうれしいところです。

川なら川魚やサワガニがいる所も多いので、捕れなくても動いている生物を見て種類を調べるのも楽しいですよ。海なら水に入らなくても砂遊びや貝殻拾いができるので、より小さいお子さんも楽しめるのではないでしょうか。

 公園でキャンプをする方は凧やカイトをしてみてはいかがでしょうか。最初の凧が上がるまでは大変ですが、一度上空に上がってしまえばあまり苦労しません。子供に操縦を変わっても大丈夫です。最近は住宅地に空き地が少なくなってきているので凧上げをしたことがない子供も多い様です。

広いスペースを使って普段はできない事に挑戦してみましょう。道具は必要となりますが、フリスビーやバトミントンなども皆で楽しめますね。

夏の星空を楽しもう

 もっと安全な遊びといえば天体観測です。我が家でもキャンプ場で星空を家族で見上げるのが夏の風物詩でした。
天候に恵まれる事も多く、キャンプ場は明かりも少ないので星空が綺麗に見える絶好の天体観測スポットです。

あまり星座には詳しくないから分からないという方も夏の大三角くらいは簡単に見つけられてしまいますよ。北斗七星など分かりやすい星座から始めてみましょう。
夏の大三角はとてもいい目印になりますので、そこを起点に星座を探していけば結構いろんな星座を見つけられます。
 また時期は限定的になってしまいますが、お盆休みに入る頃にペルセウス流星群がピークを迎えます。だいたい8月12日の夜22時頃からが見頃となります。

小さいお子さんにはきつい時間ではありますが、気候や月の満ち欠けの観測条件が合えばとても素晴らしい天体ショーが見られます。子供の頃に頑張って夜中まで起き続け、夜空いっぱいの流れ星を見た経験は絶対に忘れないものになります。私自身、子供の頃の経験もあり毎年天気の良いお盆は天体観測を楽しんでいます。

まとめ

 どんな遊びをするにせよ、子供の頃のキャンプは楽しくて仕方がないものです。そんなキャンプで子供と楽しく遊べたらいい思い出になる事は間違いありません。

自然の中で遊ぶ事で大人も子供もそれぞれの知らない面を見られる機会があると思います。キャンプでの遊びを通して子供とより親密にコミュニケーションを取れるとうれしいですね。

-9月, 年間行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「小暑」「大暑」っていつ?意味や由来は?どんな風習があるの?

季節をある一定の期間で区切った「二十四節気」、 それだけだと何だかよく分かりませんが夏至や冬至は有名ですよね。 その仲間であるのが「小暑」や「大暑」です。 読み方としては「しょうしょ」、「たいしょ」と …

こどもの日っていつから?由来は?アメリカと子育ての違い5選

 GW終盤の5月5日は「こどもの日」であり、祝日となっています。 最近では男女関係なくお子さんがいるご家庭はお祝いする事も多いですよね。 スーパーやデパートでも「こどもの日」にちなんだ物がたくさん。 …

カレンダーの作成を無料でしたい。書き込み出来るおすすめは?

  今やスマートフォンでなんでもできてしまう時代。 カレンダーがご家庭にある方は割合少ないのかもしれません。 でも、ふとした瞬間にあると便利なカレンダー。 電話中に日付確認をする際に焦るのは私だけでし …

「運動会の季節」春に行う?それとも秋?いつから変わったの?

誰もが体験している運動会。思い出話の際にエピソードとして出てくる事もしばしば。 お子さんがいるご家庭は自身の運動会の話をお子さんにする機会もあるのではないでしょうか。 ご両親の年代によっては同じ運動会 …

「猫の日」って2019年はいつ?「世界猫の日」と何が違うの?

  ペットの話題になると必ず議論になるのが犬派と猫派の派閥争い。 個人的にはどちらも可愛くて捨てがたいのですが、今回は猫のお話です。 愛くるしい姿を見せてくれる猫、ちょっと気分屋な所もますます可愛いで …