お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 5月

関西で楽しむ夜桜バーベキュー!子供も行けるスポット5選

投稿日:


 桜の花が咲き乱れる季節、日本人なら誰しも花見がしたくなりますよね。
昼間の桜も儚げで綺麗ですが、夜桜は昼とまた違った美しさの桜を見る事ができます。

開花時期には桜の名所で頻繁に花見が行われています。
禁止されている場所もありますが、場所によってはバーベキューができる所も。
花見を見ながらのバーベキューは思い切りレジャーを満喫できて最高です。

 ただのお花見だと子供達も飽きてしまいがちですが、
バーベキューがあるなら別!なんてお子さんも多いのではないでしょうか。

さらに贅沢を言うならば夜桜を楽しみながらバーベキューをしたいもの。
花見をできる公園はバーベキューができる場所でも火の使用時間は限られています。

なかなか夜桜バーベキューを楽しめる場所は少ないのですが、
ちゃんと探してみると期間限定で楽しめる場所があるのです。

今回はそんなおすすめスポットもご紹介します。
注意点も合わせて読んでみて下さいね。

  

バーベキューに必要なものは?


 アウトドア好きの方なら言うまでもないですが、
そうでない方は年に1回バーベキューをやるかやらないかではないでしょうか?

そういった方の為に、バーベキューに必要な道具についてまとめてみました。

・バーベキューコンロ
・トングや食器
・木炭
・着火剤
・ライター
・クーラーボックス
・軍手
・包丁
・ゴミ袋
・ティッシュとウエットティッシュ
・テーブルとチェアまたはレジャーシート
・洗剤とスポンジ

どうですか?思ったよりも道具はたくさん必要です。
手分けして持ち寄る分を事前に決めて置くのが無難かと思います。

 また道具の他にも食材や飲み物は忘れたら話になりません。
駐車場が遠い場合は何往復もするのは疲れるし大変です。

キャリーワゴンがあると一番安心ですが、
できるだけ荷物はまとめて運びやすくしておきましょう。

気をつけることは?何がある?


 バーベキューをする際に気をつけて欲しいのは、やはり火の取り扱いです。
子供も一緒に楽しめるのがバーベキューの醍醐味ですが、
バーベキューをすればどうしても火が近くにある状態となります。

子供から目を離さないのはもちろんですが、
火元から目を離さず随時注意して扱って下さいね。

 バーベキューができる公園などは芝生の広場が多いのですが、芝生は傷みやすくもあります。
お花見ならば近くに木々がある場所も多いでしょう。

火や煙、バーベキューの油も芝生や木々にとってはダメージとなり得ます。
風向きを気にしつつコンロの設置場所を考える、直火NGですので脚付のコンロを使う等
きちんと環境にも配慮しつつお花見バーベキューを楽しんで下さい。

 またバーベキューが可能なエリアは指定があります。
必ず指定エリア内で行いましょう。ゴミは捨てられる場所もありますが基本は持ち帰り。
炭も捨て場が指定されている場所もあるのでチェックしておいて下さい。

関西のおすすめスポット5選!

 
 夜桜も楽しめるおすすめスポットを選んでみました。
やはり場所が限られている関係もあり、どこも毎年混雑しています。

お花見期間限定でバーベキューができる所も多く、その特別感も混雑の要因でしょう。
有料スペースは予約ができますので、お金がかかる分場所取りの必要が無いのが利点です。
手ぶらバーベキューができる場所もあるので、より気軽に楽しめそうですね。

・大阪城公園

お花見の名所である大阪城公園も3月中旬~GWまでバーベキュー可能。
有料バーベキューエリアとなり完全予約制となっています。
機材の持ち込みができない点は要注意です。手ぶらバーベキューも可能です。
予約が取れさえすれば、大阪城と見事な夜桜を楽しめるスポット。

・大浜公園

4月~GWまでバーベキュー可能な大浜公園。
約500人が楽しめるバーベキュースペースがあります。
予約は不要ですが、人気スポットなので早めの場所取りが必要となりそうです。
エリア内に猿飼育舎もあり、子供も楽しめそうな遊具も併設されています。
家族みんなが楽しめる公園となっています。

・長居公園

3月末~GWまでバーベキュー可能な長居公園。
有料エリアの「ぶらQエリア」は3交代の予約制、
無料エリアもありますが同じく予約制で場所取り不可となっています。
ごみ処理は有料ですので、嫌な場合はゴミ袋を忘れずに!
炭消し場もあり、トイレも近いので設備的にはばっちりなスポットです。

・大仙公園

4月~GWまでバーベキュー可能な大仙公園。
約1,000人がバーベキューを楽しめる大芝生広場があります。
注意して貰いたいのが、広場の中央のみバーベキュー可能エリアです。
少し小高くなっているので機材の持ち込みは苦労しそう。
広々とした公園で花見とバーベキューが楽しめるスポット。

・服部緑地公園

有料エリアの「バーベックマルシェ」と無料エリア2ヶ所でバーベキューが楽しめます。
約20,000人がバーベキューを楽しめる大人気のスポットとなっています。
自然を楽しめる公園でありながら、設備も豊富で管理も行き届いているのも人気の理由。
ベビールームもあるので小さいお子さんがいるご家族も安心です。
終日利用可能なのも嬉しい所、花火も可能なのでぜひお子さんと楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ


 残念ながら一部のルールを守れない人達により、
どんどんバーベキューができる場所が減っている現実があるのです。
長く楽しむ為に、きちんとルールを守って楽しくバーベキューをしたいものですね。

-年間行事, 5月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2月9日は「漫画の日」由来は?いつの時代から漫画は始まった?

 もはやジャパンカルチャーとして海外でも受け入れられる程、 日本文化の代名詞的な存在である漫画。 私たちにとってはとても身近な存在ですよね。 そんな漫画にも記念日があるのはご存知でしょうか。  好きな …

「開運」GWに大掃除!ゴールデンウイークにすると運気が上がる!

  GW中も予定が無い方におすすめなのが家の大掃除です。 家に帰っても仕事の疲れから掃除ができていない方もいるのではないでしょうか。 私もそのタイプで週末に掃除に勤しんでいますが、 週末の休みだけでは …

プロ野球交流戦の楽しみ方!公式戦との違いと順位の決め方

プロ野球はセ・リーグ、パ・リーグ2つのリーグが存在します。 それぞれのファンがいますが、 やはり普段は見られない戦いが見られる交流戦は盛り上がりますよね。 ただそこまでファンで無い方にとっては○○戦と …

十日恵比寿っていつから始まった?意味は?戎とどっちが正解?

 皆さんもご存知のえびす様、七福神の1人としても有名な神様ですよね。 右手に釣竿、左手には鯛を抱えた福耳の温厚そうな姿は誰もが知っていると思います。 お父さん方にはビールでもお馴染みかもしれませんね。 …

年代別!バレンタインで絶対に喜ばれるチョコ以外のギフト!

  バレンタインデーといえば、女性から男性へチョコを贈る日。 日本においてもはや定番イベントとして定着しており、特設コーナーもできるほどです。 チョコレートは種類豊富で迷ってしまうくらいあるのですが、 …