お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

9月 暮らしの知恵

キャンプで簡単な虫よけの方法は?強力でおすすめなのは何?

投稿日:2018年6月21日 更新日:


 夏のキャンプシーズンに向けてもう準備を始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか?BBQセット、テントなど道具の準備はもちろんですが虫除け対策は考えていないという方は要注意です。
キャンプ場にいるのは蚊だけではありません、ブヨやアブに刺されたら蚊より痛いし腫れるし大変です。服装で虫に刺されない様にするのも一つの手ではありますが、やはり暑いと長袖は着ていられません。
 今回はキャンプで便利に使える虫よけの方法とおすすめのグッズをご紹介します。

  

どんな方法があるの?

 キャンプに行く時は肌の露出を防ぎ、虫に刺されにくくするのが常識となっていますが、実際の所はキャンプ場に行ったら動く事が多く汗をかけば自然と服を脱ぎ薄着になる事が多いので結果あまり意味がありません。
じゃあ服装では防げないかというと、最近では虫除け成分「スコーロン」を生地に織り込んだ服が販売されています。着ているだけで虫よけ効果があるのは手軽でありがたいです。虫よけ成分はすぐに消えてしまうものではなく、洗濯を約80回くらいしても効果は落ないという事なのでお財布にも優しいです。

スコーロン生地の服は種類が少なく、大人向けのものしかありませんが今後は商品も増えていく事が予想されるので今注目の虫よけ方法です。
 次にキャンプ用品で虫よけをする方法があります。ロゴスやスノーピーク、コールマン等の有名アウトドアメーカーのテントはやはり優秀で蚊帳付きのテントもあります。ただしお高いので私はあまりおすすめしません。物は本当にいいので、本格的にキャンプがしたい方にはいい商品だと思います。

他の方法としては虫よけ効果のあるキャンドルやたいまつです。キャンプ時に付けておけば明かりにもなり、虫よけ効果もあるので一石二鳥です。ちょっとしたキャンプファイヤー気分も味わえるのも嬉しいところです。
欠点としては火を使うので、就寝時には消さないといけません。お子さんが一緒の場合には火を使う方法は少し心配ですよね。

手軽に使えるおすすめの強力防虫グッズ

 キャンプでも使える電池式の虫よけも便利ですが、より手軽なのは虫よけ剤や虫よけスプレーです。先に挙げた方法に比べ、限定的な範囲での効果となりますが直接塗布するので効果は絶大です。
肌に直接付けるクリームタイプやスプレータイプの虫よけは一度塗布すれば効果の持続時間も長くより強力な虫よけ効果があります。お子さんがいる場合、塗り直しを考えずに済むのは楽でいいですね。

さらに蚊取り線香も虫よけとして有効なので持って行って見て下さい。虫よけ剤やスプレーを使い、蚊取り線香をつけて重ね使いする事により虫よけ効果が高まります。
ミストタイプの「フマキラー スキンベープ ミスト」は高濃度の虫よけ成分(ディート)が入っており強力なので絶対刺されたくない方におすすめです。
普通の蚊取り線香より強力なものがいいという方へ蚊取りタイプの虫よけとして「森林香」がおすすめします。森林業者の方も愛用する防虫効果を発揮する上、人体にも安全な虫よけ成分となっています。

お子さんも安心の虫除け

 一般的な虫よけには主よけ成分としてディートが使われています。ディート配合のものは小さいお子さんに使用できない事が多いので注意が必要です。
安心して使いたいという方はアロマオイルや虫よけリングなど香りで虫よけができるグッズを使ってみて下さい。虫よけリングはキャラクターの形のリングもありますので、好きなキャラクターを選べば喜んで付けてくれますよ。

また新しい虫よけ成分イカリジンはお子さんにも安心して使えます。「フマキラー 天使のスキンベープミストプレミアム」はイカリジンを高濃度配合しており6~8時間の効果時間で強力ですが、赤ちゃんでも安心して使用してお使いいただけます。

まとめ

 おすすめに挙げただけでなく、スーパーや薬局には様々な種類のタイプの虫よけ剤が販売されています。虫よけ成分や持続効果をよく見てご家族みんなで使えるものを選べるといいですね、
虫に刺されて痛い・痒いなんて思い出は残したくないものです。特にお子さんは虫刺されが治りにくい子もいますので虫よけグッズの準備も忘れずに楽しいキャンプにしましょう。

-9月, 暮らしの知恵
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

全国交通安全運動はいつから?なぜ春と秋にあるの?

普段から車を運転するドライバーにとっては、特に気を遣う期間である「全国交通安全運動」。 いつ行っているか具体的には分かりませんが、 時期になるとパトカーをよく見かけたり、道路で旗を持つ人を見かけたりし …

津波防災の日の由来はどこから?訓練には緊急地震速報を使う?

  災害大国とも言われるほど自然災害の多い国、日本。 地震、水害、台風など毎年どこからしらで被害が起きています。 こんなに科学が発達している現在も被害は避けられず、 ニュースで映る被災地の姿は見るに耐 …

正月太りって平均何キロくらい?予防法はある?戻らない?

お正月休みに突入すると、社会人の方もやっとゆっくりできると一安心ですよね。 慌ただしい年末が終わり、ご褒美の様なひと時のリラックスタイム。 イベントに忙しい方もいらっしゃるかもしれませんが、 大抵の方 …

カレンダーの作成を無料でしたい。書き込み出来るおすすめは?

  今やスマートフォンでなんでもできてしまう時代。 カレンダーがご家庭にある方は割合少ないのかもしれません。 でも、ふとした瞬間にあると便利なカレンダー。 電話中に日付確認をする際に焦るのは私だけでし …

Pm2.5が飛んでる時に洗濯物干して大丈夫?何に気をつけるの?

 花粉も収まって来たのになんか鼻がムズムズする・・・。 空気中に飛散しているのは花粉だけじゃありません。 黄砂はもちろん飛んできますが、 最近ではpm2.5も一緒に飛んできています。 有害物質として健 …